竜宮城大学・乳くりマンボウ特別セミナー
講師:乙姫教授 
 
マンボウと男(マン)棒(ボウ)
 
目次:
 
File1:特徴
【マンボウ】
 
巨体と独特の体型が特徴のマンボウは、魚類フグ目マンボウ科の海水魚です。最大で全長3.3メートル、体重2.3トン にもなる世界最大の硬骨魚のひとつです。 からだは円盤型で左右に平たく、背びれと尻びれがそれぞれ体の上下に突き出しています。尾びれと腹びれを持ちません。体の後ろには平たくなったひれのような部分があり、舵びれあるいは橋尾とも呼ばれています。でも、これは尾びれではなく、背びれと尻びれの一部が変形したものです。泳ぐときは背びれと尻びれをパタパタとはばたかせ、体の後ろのひれで舵をとります。このとき、背びれと尻びれを同調させ、対称に動かしています。フグ類に共通する丸い目と小さな口を持っており、皮膚は厚く粘液で覆われるとともに、おびただしい量の寄生虫が付着しています。
泳ぐマンボウ
 
 
【男(マン)棒(ボウ)】
 
男(マン)棒(ボウ)は左右の脚の間の前の方にぶら下がっている柔らかい器官で、普段は排尿に用いられ、また性交時には勃起し、精液を射出する器官でもあります。したがって、男(マン)棒(ボウ)は性器であると同時に泌尿器の働きを持っています。尿道の途中には弁があり、尿と精液が交ざり合うことはありません。男(マン)棒(ボウ)は、性行為の際に海綿体が充血して勃起することで膣に挿入可能な硬さを持つようになります。 男(マン)棒(ボウ)の内部には、左右1対の陰茎海綿体と、その下側にある尿道海綿体の、計3本の海綿体が通っています。尿道海綿体は中に尿道が通っています。海綿体は、体内の会陰部から男(マン)棒(ボウ)の先端まで続いており、男(マン)棒(ボウ)の大半を構成しています。男(マン)棒(ボウ)の先端まで続いているのは尿道海綿体であり、これが亀頭を形作っています。 海綿体の内部は、蛇行する静脈洞が密集してスポンジ状になっており、副交感神経を通じて、陰茎深動脈からの血流が調節されています。性的興奮やその他の生理現象により、静脈洞への血流が多くなると、海綿体は血液で満たされて膨張して硬くなります。これにより、陰茎全体も膨張して硬く変化します。これを男(マン)棒(ボウ)の勃起と呼びます。勃起時に最も硬くなるのは陰茎海綿体で、精液通路(尿道径)を確保するため、尿道海綿体は比較的柔らかいです。
男(マン)棒(ボウ)の模型
 
 
亀頭とは、先端部分のくびれ(亀頭冠)から先の太さが違う部分です。尿道海綿体が男(マン)棒(ボウ)の先端で太くなっており、皮膚のすぐ内側にまで存在しています。亀頭部の皮膚はそれ以外よりも薄く、尿道海綿体に癒合しています。亀頭の皮膚、皮下には、感覚受容器が発達しており、性行為の際の摩擦に特に敏感です。ちなみに亀頭の形状にも意味があり、ピストン運動の際、膣内に残された他人や自身の古い精液を掻き出す働きを持っているのです。乱婚的であったヒトの祖先の適応的形質が、今日に残存している一例と言えます。
 
男(マン)棒(ボウ)のサイズは、多くの人々にとって重大な関心事です。大きな男(マン)棒(ボウ)を男らしさの象徴と見なす者もいれば、性的なパートナーを満足させるには男(マン)棒(ボウ)が小さすぎることを心配する者もいます。こういった不安から、男(マン)棒(ボウ)のサイズについての多くの誤解や、男(マン)棒(ボウ)増大産業の誕生につながっています。
 
ご参考までにスペインの医療器具メーカー「アンドロメディカル」が行なった国別平均男(マン)棒(ボウ)サイズの統計調査は次の通りです。
 
各国の男(マン)棒(ボウ)サイズ
 
通常の長さ
センチ
勃起時の長さ
センチ
アメリカ合衆国 8.6 12.7
ドイツ   14.2
スペイン   13.4
フランス 11.9 15.7
日本 8.0 13.0
ブラジル   12.1
イタリア 9.9 14.9
ベネズエラ 9.3 12.7
メキシコ   14.9
ギリシャ   12.1
インド   10.1
エジプト   15.69
コンゴ民主共和国   17.93
サウジアラビア   12.4
チリ   13.97
コロンビア 8.8 13.7
中国   10.89
チェコ   15.89
モロッコ   15.03
レバノン   16.82
ガーナ   17.12
インドネシア   11.67
エクアドル   17.59
オランダ   14.89
デンマーク   15.29
トルコ   14.11
ベルギー   16.25
アイルランド   12.78
イギリス   13.97
スコットランド   14.73
スウェーデン   14.80
ノルウェー   14.34
ロシア   13.21
ルーマニア   12.73
台湾   12.1
韓国 6.9 9.6
カナダ   13.92
オーストラリア   13.92
南アフリカ共和国   15.29
イスラエル   14.50
エチオピア   14.53
ガーナ   17.31
スリナム   13.34
 
 
File2:生殖
【マンボウ】
 
マンボウのメスが一度に産む卵の数は3億個に達するとも言われ、最も多く卵を産む脊椎動物とされています。卵は親に保護されることもなく海中を浮遊しながら発生するため、ほとんどが他の動物に食べられてしまい、成長できるのはごくわずかです。
マンボウの稚魚
 
 
【男(マン)棒(ボウ)】
 
1日に精巣で作られる精子の数は5,000万〜1億程です。精巣で作られた精子は精巣上体(副睾丸)に運び出され成熟して射精を待ちます。精巣上体では、最大10億程の精子が貯蔵できると考えられています。射精一度あたりの精液が含む精子数は個人差や体調面でのぶれも大きいですが、通常1億〜4億程です。精原細胞から70日間をかけ分化し、精子となります。 射精一度あたりの精液が含む精子数は通常1億〜4億程ですが、このうち、腟内に射精された場合、子宮頸部に到達する前に約99%が死滅、子宮まで到達できるのはおよそ数千〜数十万、排卵期に卵子の目前まで到達できるのはおよそ数十〜数百です。なお、膣から受精の場である卵管まではおよそ数十分〜数時間で到達すると考えられています。
男(マン)棒(ボウ)から射出された精子
 
File3:食べ方
【マンボウ】
 
食材としてのマンボウの消費はアジアが中心で、特に日本と台湾は最大の市場です 。日本でのマンボウの漁獲は定置網などへの混獲が中心です。鮮度が落ちると臭みが出て不味いため、ほとんど現地で消費され、市場に流通することはほとんどありません。宮城県から千葉県にかけてと三重県紀北町や尾鷲市などは比較的食用として目にする機会があります。 マンボウの肉は白身で柔らかく、刺身(肝和え)や天ぷらなどで食べられています。身の他に腸や肝臓(キモ)も食べられます。また、目も食べる事ができます。 台湾では、5月ごろ海流に乗って東海岸に現れるため、定置網で捕り、食用にすることが盛んです。台湾のほとんどの水揚げが集中する花蓮市では日本語からの借用語で曼波魚(中国語 マンボーユー、台湾語 マンボーヒー)と呼び、5月に「花蓮曼波季」という食のイベントを行い、観光客に紹介しています。この時期は台北の高級店でも料理を出す例があり、肉、軟骨、皮などをセロリなどの野菜と炒めたり、フライやスープにしたり、腸を「龍腸」と称して炒め物にしたりしています。
 
 
 
【男(マン)棒(ボウ)】
 
男(マン)棒(ボウ)はほとんどの女性が好む食材で、口や膣、まれに肛門からも摂取します。ここでは口での味わい方を述べてみます。
●ベタ舐め
・舌全体を張り付かせる様に舐める
・ソフトクリームを舐める感じで行う
・手は睾丸・太 股・体を撫でる
 
●シュノーケル
・睾丸全体を口で覆う様にし、舌を張り付かせる様に舐める
・手はゴルフクラブを握る形で、男(マン)棒(ボウ)に唾液を絡めて人指し指・中指で亀頭を撫で刺激する
 
●菊奉仕
・太股・足の付け根・蟻の戸渡り・肛門を舐める
・蟻の戸渡り・肛門を舐める場合は手で玉を持ち上げる様にしながら手の平で揉むようにする
 
●クラック
・舌先に力を入れ尿道を責める
・片手で睾丸、もう片手の指で尿道を広げるようにする
 
●トリル
・舌を出来る限り速く動かし男(マン)棒(ボウ)に対し直角に上下に刺激する
・手は角度調整も兼ね、添えるようにし、人指し指・中指で亀頭を撫で刺激する
・カリの部分にも有効
 
●封筒
・舌先に力を入れ男(マン)棒(ボウ)・睾丸・肛門・太股に触れるか触れないかの感覚でなぞるように刺激する
 
●くわえ千歳飴
・舌の自由度を奪わない程度に咥え口内で舌を男(マン)棒(ボウ)に絡ませるように動かせる
 
●時間差バキューム
・出来る限り深く咥え口内を真空状態にし密着感を増した上でゆっくりと吸い上げる
・舌は内部で絡めるようにし動かせる速さに緩急をつける
・舌を口の外まで延ばし唇に続くように舐めるのもよい
 
●ラムネ
・亀頭のみを咥え口内で尿道やカリの部分を刺激する
 
●トルネード
・頭を左右に動かせ、上下の運動に回転運動も加える
 
●歯磨き
・口内で頬に男(マン)棒(ボウ)が当たるようにし、首を横にゆっくりと振り、かつ舌で男(マン)棒(ボウ)を刺激する
 
●ディープスロート
・喉を開き男(マン)棒(ボウ)を根元まで咥え、亀頭部を喉で締め付ける
 
●ディープボール
・上述のディープスロートをしたまま舌を延ばし睾丸を舐める 以上の「舐め」「咥え」を旨く組み合わせながら、決して単調にならない様ように心掛け、男性の視覚・聴覚に働きかけるように男性の視線に注意しながら舐める音・吸う音も加えると効果的です。
男(マン)棒(ボウ)を味わう女性
 

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player